物語

東日本大震災の被験者の声についてもっとしりたいあなたへ

どうも、ようすけです。

ぼくのプロフィールにも書きましたが、ぼくは2011年に起こった東日本大震災を経験しました。

ご存知のとおり、多くの被災者(死者:15,894人 、行方不明者:2,562人、 2016年2月10日現在、 警視庁発表)を出した震災で、マスコミでもSNSでも、多くの方が発信しています。

この記事では、ぼくが東日本大震災を直接経験して学んだことを紹介します。

なお、震災発生1ヶ月にぼくが現地で撮影した写真を載せています。
人によっては気分が悪くなる恐れがありますので、目次の1を飛ばして2から読むか、この記事から離れることを勧めます。

震災発生一ヶ月後の現場(閲覧注意)

当時、ぼくは福島県相馬市の海岸から5km内陸にあるアパートに住んでいました。

ここから下の写真は、震災発生一ヶ月後に自宅から自転車で現場へ行き、撮影したものです。

津波の凄まじさを肌で感じました。

ここは住宅地でしたが、見る影もありません。
津波を前にして、ガードレールはもはや意味を成しません。
電柱をもなぎ倒す津波の威力。
電柱の歪みが世界の歪みを思わせます。
船があるところは川や海ではなく、元住宅地です。

震災後、リアルに困ったこと

ここからは、震災後に現地で住む上で、リアルに困ったことを書きます。

まずライフラインですね。

電気

以外にも、電気は震災後も通っていました。

相馬市は東北電力の管轄です。なので原子力発電所や最寄りの火力発電所が水没しましたが、電気は無事でした。

(でもこの事実は、福島県が土地提供やメルトダウンのリスクを負ってるのに、作った電気は都会のために消費されることを示してて、やるせなさを感じます…)

テレビや電子レンジはずっと使える状態のため、情報は随時得ることができてました。

電子レンジで冷凍食品を解凍して食事を済ませていました。

ガス、水道

これらは1週間ほど止まってました。これは本当に困りました。

風呂に入れないのは耐えれましたが、トイレが流せないのが痛かったです。

近くの用水路から泥水を汲んで、トイレを流してました。悪臭が酷かったです。

ガスと水が出たときは、本当に嬉しかったですね。

食料

水は近くの公園で配給されていましたが、ぼくはスーパーで1.5 ℓ ペットボトルのお茶が買えたので、それで水分を補給してました。

食料は前述のとおり、冷凍食品を食べていました。物流が麻痺しているので、スーパーには生鮮食品は売っていません。

それにしても、当時の冷凍食品はまずかった…

2020年現在の冷凍食品は、このとき食べたものと比べると、天と地の差を感じるほどおいしいです。

テクノロジーの進化はスゴイですね。

その他

あとは何と言ってもガソリンが手に入らないのが大変でした。

電車は津波で水没したので、移動手段としての車は重宝しました。(建物の倒壊や地面の隆起で、通れない道路も多々ありましたが…)

その分、ガソリンの需要が急増して、とにかく買えない。

5ℓ手に入れるのに、2時間待ちは当たり前の状態でした。

地方が震災に見舞われたとき、ガソリンの確保は最優先にしておくべきです。

まあ電気自動車が普及したら、また状況は変わっているかもしれませんが。

震災で学んだこと

震災で学んだ大きな教訓。それは、

生きていることは奇跡

ということです。

ぼくは生涯2度、うつを経験しました。ぼくが生きていることは無価値だと思うこともありました。

でも、この震災経験は、生と死が隣り合わせだということを気付かされます。

地震発生当時、ぼくは前職の工場内にある事務所にいました。

地震発生中は、机の下に身を潜めながら、天井のエアコンが落ちてくるかどうかを見つめていました。

建物内の内ガラスが、次々に割れていく音が聞こえました。

地震が収まったあと、建物内は工場内の機械から漏れた洗浄液などが一面に散らばり、アンモニア臭で満たされていました。

建物から出て待機していた際、遠くからジェットエンジンのような音が聞こえてました。

当時は何の音かさっぱり分かりませんでしたが、今振り返ると津波の音だと思います。

なおその日の晩は、相馬市の海岸付近の旅館で送別会を予定していました。地震の発生時間があと数時間遅れていたら、ぼくはこの世にいなかったかもしれません。

本当に地震は何の前触れもなく起こりました。

今この記事を読んでいる瞬間にも、死が襲ってくるかもしれません。

だからぼくは、ブログでぼくが生きた証を残したい。SNSで発信し、生きているうちに1人でも多く価値提供をしたい。

ご縁があってこの記事を読んでくださった方に、「生きていることの奇跡」について考えるきっかけが与えられたら嬉しいです。

終わりに:花見山公園の景色

最後に震災現場に足を運んだのと同時期に気分転換で行った、福島市花見山公園で撮影した景色を紹介します。

凄まじい震災の後も、色とりどりの花が咲いていました。植物の生命力、たくましさを感じますね。

震災なんて無かったような眺めです。
黄色一色で鮮やかです。
黄色と赤のコントラストがキレイです。
桃色が色鮮やかです。

生きることへの考え方をもっと前向きにしたいあなたへ

ぼくは生涯2度のうつを経験しましたが、マインドが前向きになったおかげで、今はほぼ完治しています。

それまでは自己否定が激しく、人の目がまともに見れず、音などの外部刺激におびえながら過ごしていました。

そんなぼくでも、3ヶ月の間だけマインドの勉強を真剣に取り組んだところ、気がつけば見える世界が変わってました。

マインドを学ぶ過程で、

  • 自己否定スパイラルの抜け出し方
  • HSP度が高めでも生きやすくなる方法
  • 環境を変えるための考え方


など、これまでの人生では誰も教えてくれなかったことをたくさん知ることができました。

結果的にやりたいことがあふれてくるようになり、毎日が楽しくなりました。

その経験から、今が自己否定スパイラルで抜け出せない状況でも、生きてさえいて、学ぶ意志さえあれば、自己肯定感が高まり、マインドが前向きになれると確信しています。

そして、そういう人が一人でも増えれば、 その人がまた別の誰かのマインドを前向きにしてくれる。

そうしたら一人一人に活気が溢れ、世の中の価値やサービスは進化し、地球上の誰もがもっと明るく豊かになると本気で思っています。

「成長して人生前向きになる人を増やす!」


「誰も傷付かない世界を創る!」


ことがぼくの行動理念です。

マインドを前向きにすることで大切な「心」や「資産」の見方を変えて、自分の人生を思い通りに生きられる人を一人でも多く増やすべく活動しています。

なおメールマガジンでは、主にマインドを前向きするための実践的な話や、ぼくがマインドが変わる前と後でどうなったかの具体例を話しています。

例えば、

  • ぼくが生涯2度うつを経験・克服して得たマインド
  • マインドを前向きにするための秘訣
  • マインドを前向きにするために学んできたこと

 

これらをお話しています。

とくに、

  • メンタル面に自信のない方
  • 仕事や育児で時間に融通のききづらい方
  • 自己否定の禍中から抜け出したい方
  • HSP度が高めの方

 

にとって、再現性の高い内容を意識しています。

以下のリンクから、メルマガの登録フォームに飛ぶことができます。

https://my181p.com/p/r/4izv7A8b

 

  • メールの最後にメールの解除リンクを貼っていますので、すぐに解除することが出来ます。
  • ご記入いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。
  • YahooやiCloudなどのメールは到達しにくい場合があります。gmailか携帯のアドレスをご使用ください。
  • 登録してもメールが届かない場合、迷惑メールと認識されている場合があります。その際はお手数ですが、迷惑メール設定をご確認ください。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください