うつ

うつで自己否定ばかりする自分にサヨナラしたいあなたへ

どうも、ようすけです。

この記事では、うつで苦しんでいる方、悩んでいる方にとって、有益な情報発信をされている方を紹介します。

みなさん、長年かけて独自のスタイルで情報発信をされています。

ぼく自身、うつで苦しんでいるときに、この方々の情報発信でとても勇気付けられました。

各見出しの埋め込みツイートに、フォローすべき方のリンクを貼ってありますので、ぜひフォローして情報を追ってみてください。

フォローすべき方々

1.ほっしーさん

@hossymemo のアカウントで今までの反響が多かったツイートのbotも運用されています。

2.いっちー先生

3.さくら先生

4.井上先生

5. 錦山まる先生

@marurunzmemo のアカウントでツイートのbotも運用されています。

おわりに

うつは真面目な人ほどなりやすいです。

そして、うつになりやすい人は、人に頼ることが苦手な傾向があります。ぼく自身がそうでした。

でもそこは、躊躇せず人に頼りましょう。

この記事で紹介した方々は、うつについて誰よりも苦しんだり、誰よりも学んできた方々です。

頼れば優しく手を差し伸べてくれます。

そこは生涯2度のうつを経験し、2度目のうつでは1年間、助けてくれる人を探しもがいたぼくが、自信をもって紹介できる方々です。

くどいですが、ぜひこれらの方々をフォローしてみてください。

微力ながら、ぼくでも良ければ、力になれますので、ツイッター、インスタ、このブログでもいいのでメッセージください。

1人でもこの記事がうつの苦しみからの救いになれば嬉しいです。

生きることへの考え方をもっと前向きにしたいあなたへ

ぼくは生涯2度のうつを経験しましたが、マインドが前向きになったおかげで、今はほぼ完治しています。

それまでは自己否定が激しく、人の目がまともに見れず、音などの外部刺激におびえながら過ごしていました。

そんなぼくでも、3ヶ月の間だけマインドの勉強を真剣に取り組んだところ、気がつけば見える世界が変わってました。

マインドを学ぶ過程で、

  • 自己否定スパイラルの抜け出し方
  • HSP度が高めでも生きやすくなる方法
  • 環境を変えるための考え方


など、これまでの人生では誰も教えてくれなかったことをたくさん知ることができました。

結果的にやりたいことがあふれてくるようになり、毎日が楽しくなりました。

その経験から、今が自己否定スパイラルで抜け出せない状況でも、生きてさえいて、学ぶ意志さえあれば、自己肯定感が高まり、マインドが前向きになれると確信しています。

そして、そういう人が一人でも増えれば、 その人がまた別の誰かのマインドを前向きにしてくれる。

そうしたら一人一人に活気が溢れ、世の中の価値やサービスは進化し、地球上の誰もがもっと明るく豊かになると本気で思っています。

「成長して人生前向きになる人を増やす!」


「誰も傷付かない世界を創る!」


ことがぼくの行動理念です。

マインドを前向きにすることで大切な「心」や「資産」の見方を変えて、自分の人生を思い通りに生きられる人を一人でも多く増やすべく活動しています。

なおメールマガジンでは、主にマインドを前向きするための実践的な話や、ぼくがマインドが変わる前と後でどうなったかの具体例を話しています。

例えば、

  • ぼくが生涯2度うつを経験・克服して得たマインド
  • マインドを前向きにするための秘訣
  • マインドを前向きにするために学んできたこと

 

これらをお話しています。

とくに、

  • メンタル面に自信のない方
  • 仕事や育児で時間に融通のききづらい方
  • 自己否定の禍中から抜け出したい方
  • HSP度が高めの方

 

にとって、再現性の高い内容を意識しています。

以下のリンクから、メルマガの登録フォームに飛ぶことができます。

https://my181p.com/p/r/4izv7A8b

 

  • メールの最後にメールの解除リンクを貼っていますので、すぐに解除することが出来ます。
  • ご記入いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。
  • YahooやiCloudなどのメールは到達しにくい場合があります。gmailか携帯のアドレスをご使用ください。
  • 登録してもメールが届かない場合、迷惑メールと認識されている場合があります。その際はお手数ですが、迷惑メール設定をご確認ください。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください