物語

国際ロマンス詐欺についてもっとしりたいあなたへ

こんにちは、ようすけです。

この記事では実際にぼくが被害に遭った国際ロマンス詐欺を例に出し、

マインドが前向きになれば、詐欺かどうかを見分けられるようになる

ことを紹介します。

参考:国際ロマンス詐欺とは

またぼくと同じ被害に逢う人が1人でも減ってほしいという願いも込めて、全てをさらけ出します。

なおマインドが後ろ向きで洗脳されやすかった 、当時の ぼくが考えたことと、今のマインドが前向きなぼくからのツッコミを以下に示します。

洗脳されたようすけ
洗脳されたようすけ
どうも洗脳されていたようすけです

マインドが前向きなぼく
マインドが前向きなぼく
どうもマインドが前向きになったようすけです。

出会い~やり取り

2018年12月5日、ツイッターで繋がった「自称」アメリカ軍人からDMが来ました。

ぼくは前職で英語を使った仕事をしていました。

そのため相手に合わせて英語でやり取りしようと考え、英語を使えると返答しました。

ここから、以下のようにやり取りが始まりました。

洗脳されたぼく
洗脳されたぼく
娘がいるんだ。軍人として命がけで家族のためにミッションをしているんだ、凄いなあ。

洗脳されたぼく
洗脳されたぼく
おお、本当に軍人なんだ!

ビジネスの勧誘の始まり

要は、今の軍のミッションが終わったら、日本で子供と一緒に住みビジネスを始めたいという内容です。

洗脳されたぼく
洗脳されたぼく
命がけでミッションして、生き延びて帰れたら日本でビジネス始めるんだ!
応援したい!

資産を金塊1000万$(およそ10億円)にしてあるので預かってほしいという内容です。

もしミッションに無事に生き残ったら、日本でビジネスを始める。その時まで預かってくれたら、3割あげるということです。

洗脳されたぼく
洗脳されたぼく
3億って凄い!
でも何よりも彼の資金を守り、命がけで軍のミッションをしている彼を安心させたい!

 マインドが前向きなぼく
マインドが前向きなぼく
そんなうまい話、ある訳ないだろ!

洗脳されたぼく
洗脳されたぼく
おお、資産家なんだ!
財産も持っているんだ!
凄い!

 マインドが前向きなぼく
マインドが前向きなぼく
最初に送ってきた娘を抱いた写真とは別人だ……

信頼できる運送会社に金塊の発送を連絡するから、ぼくの連絡先を教えてほしいという内容です。

洗脳されたぼく
洗脳されたぼく
よし、友達の頼みだ!
連絡先を教えよう!

こうしてぼくは、連絡先を教えてしまいました……

運送会社からの請求

そして、運送会社を名乗る人物から連絡が届きました。

輸送量に最低でも5,000$必要とのこと。

つまり、56万円ということです。

以下が、運送会社が運営しているホームページです。

https://www.aclfreight.com/

このブログを作成している段階では、もうページは消えていました。

そして、メールに添付されていた追跡コードには以下のような記載があります。

貨物の発送元がイギリスになっています。

確かに80kgのものをイギリスから日本に発送するための金額をネットで調べたら、5,000$くらいかかります。

洗脳されたぼく
洗脳されたぼく
なるほど、イギリスから発送するから5,000$必要なのか!

 マインドが前向きなぼく
マインドが前向きなぼく
シリアでミッション中なのに、イギリスから発送っておかしくないか?

そして、振込先がメールで送られてきました。

 マインドが前向きなぼく
マインドが前向きなぼく
なんで栃木銀行の支店に振り込む必要あるの?
エロモセレ アブラハム アブって誰?
なんで企業名もしくはラッセル名義じゃないの?

ちなみに、メールアドレスに「@diplomats.com」とあります。

diplomatsというのは外交官という意味ですが、このアドレスはフリーで取得できるものです。

diplomats.comというアドレスについて

そして、ぼくは56万円を振り込んでしまいました……

ご丁寧(巧妙)に、振込後に以下の画像が送られてきました。

追加の請求

その後、ぼくに届いたメールが以下です。

日本語訳も送られてきました。

要約すると、

発送する貨物がイスラム国の資金源になる恐れがある。
なのでイスラム国のものではないという証明書を作るのに20,000$(230万円程度)必要。

という内容です。

さすがに大金で自分だけでは決められず、妻と相談しました。

結果、洗脳から覚めました。

(妻をものすごく不安かつ悲しい気持ちにさせてしまいました……)

伝えたいこと

このように、ぼくは「命がけで仕事をしている人の力になりたい!」という思いを利用され、洗脳されました。

正直に言うと、洗脳されていく様子をブログでさらすのは、恥ずかしく情けないのです……

妻にも本当に心配をかけてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

当時はマインドが後ろ向きだったため、金塊10億の3割に気持ちを動かされたところも、ないと言えば嘘になります。

弁護士に相談に行きましたが、勝てる見込みは少ないとのこと。

警察にも行って被害届を出し、相手の栃木銀行の口座を停止してもらいましたが、既に振り込んだお金は抜き取られていました。

この経験から、ご縁があってこの記事を読んでいただけた方に伝えたいことがあります。

情報を得るマインドを鍛えてください。

そして自分を俯瞰してみるクセを身に付けてください。

上述の「 マインドが前向きなぼく 」のセリフのとおり、状況を俯瞰し、気になる点について情報収集したら、被害には遭わなかったと思います。

参考にしていただけたら嬉しいです。

今はマインドが前向きになり、状況を俯瞰するクセが身に付きました。

ツイッターやインスタグラムで、詐欺の見分け方などを多くの方に向けて発信中です。

ツイッターやインスタグラムを運用してても、国際ロマンス詐欺に遭いそうになったり、実際に被害に遭われる方も見かけます。

以下の方も、国際ロマンス詐欺の手口を投稿されてますので、参考ください。

https://www.instagram.com/kpukpurmnce/

国際ロマンス詐欺には十分にお気を付けください。

そして、ぜひマインドを前向きにして、詐欺被害に遭わないようにしてください。

困ったら、ぼくを頼ってください。

生きることへの考え方をもっと前向きにしたいあなたへ

ぼくは生涯2度のうつを経験しましたが、マインドが前向きになったおかげで、今はほぼ完治しています。

それまでは自己否定が激しく、人の目がまともに見れず、音などの外部刺激におびえながら過ごしていました。

そんなぼくでも、3ヶ月の間だけマインドの勉強を真剣に取り組んだところ、気がつけば見える世界が変わってました。

マインドを学ぶ過程で、

  • 自己否定スパイラルの抜け出し方
  • HSP度が高めでも生きやすくなる方法
  • 環境を変えるための考え方


など、これまでの人生では誰も教えてくれなかったことをたくさん知ることができました。

結果的にやりたいことがあふれてくるようになり、毎日が楽しくなりました。

その経験から、今が自己否定スパイラルで抜け出せない状況でも、生きてさえいて、学ぶ意志さえあれば、自己肯定感が高まり、マインドが前向きになれると確信しています。

そして、そういう人が一人でも増えれば、 その人がまた別の誰かのマインドを前向きにしてくれる。

そうしたら一人一人に活気が溢れ、世の中の価値やサービスは進化し、地球上の誰もがもっと明るく豊かになると本気で思っています。

「成長して人生前向きになる人を増やす!」


「誰も傷付かない世界を創る!」


ことがぼくの行動理念です。

マインドを前向きにすることで大切な「心」や「資産」の見方を変えて、自分の人生を思い通りに生きられる人を一人でも多く増やすべく活動しています。

なおメールマガジンでは、主にマインドを前向きするための実践的な話や、ぼくがマインドが変わる前と後でどうなったかの具体例を話しています。

例えば、

  • ぼくが生涯2度うつを経験・克服して得たマインド
  • マインドを前向きにするための秘訣
  • マインドを前向きにするために学んできたこと

 

これらをお話しています。

とくに、

  • メンタル面に自信のない方
  • 仕事や育児で時間に融通のききづらい方
  • 自己否定の禍中から抜け出したい方
  • HSP度が高めの方

 

にとって、再現性の高い内容を意識しています。

以下のリンクから、メルマガの登録フォームに飛ぶことができます。

https://my181p.com/p/r/4izv7A8b

 

  • メールの最後にメールの解除リンクを貼っていますので、すぐに解除することが出来ます。
  • ご記入いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。
  • YahooやiCloudなどのメールは到達しにくい場合があります。gmailか携帯のアドレスをご使用ください。
  • 登録してもメールが届かない場合、迷惑メールと認識されている場合があります。その際はお手数ですが、迷惑メール設定をご確認ください。

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください