生き方

復職という選択肢をとった自分への絶望

ようすけです。

復職して3週間目になりますが、今日は改めて会社にとってぼくは、もはやいない存在に等しいということを感じました。

復職して初めての定例ミーティングがありましたが、進行中のタスクの説明の際、各人の負荷が高いという説明がある中で、ぼくに手伝ってもらうという意見は一切出ませんでした。

空気だけの存在。

会社や世の中に価値を提供していない。

そんな自分がとても悲しくなりました。

でもそんな自分を変えるために、今はネットワークビジネスを学んでます。

毎日、通勤電車でマーケティングを音声を聞きながら勉強しています。

ケチくさいですがおススメのやり方は、家でwi-fi接続の状態で音声を再生し、録画したのを通勤途中で聴くことですね。

動画コンテンツは通信量が多いので、simで再生すると3GB程度でしたらあっという間に速度制限がかかってしまいます。

ぼくはipadで録画して聴くようにしています。動画コンテンツによっては外部に流出したら法的措置をとられるので、その辺は注意しましょう。

まだまだ先は見えませんが、情報発信や勉強を習慣化し、価値を与えて稼げる存在にぼくはなります。