小ネタ

僕のヒーローアカデミアを視て

ようすけです。

今、マーケティングを習っている先生のおススメで「僕のヒーローアカデミア」を動画で視ています。

視て、とても刺激になっています。

主人公のデクこと緑谷出久は、無個性の主人公。有能な個性の友人に見下されて育ちました。精神疾患で会社を休職したぼくは、自分と見比べ共感するところが多いです。

ぼくは満員電車に満足に乗って会社に行くことができず、精神疾患になりました。今の社会に馴染めない存在です。

そういう自分と主人公を照らし合わせてしまうのでしょうね。

またこのアニメは現代社会も鋭く表していると感じました。

ステインが出てくるところです。

そのステインの断末魔のセリフがネットを介して世界中の同志の呼びかけに使われる。これはIS国が誕生している現社会を表していますね。

そもそも、ここ数ヶ月は趣味さえロクに楽しむことができなかったぼくが、8時間熱中して見たことないアニメに集中する。

たったそれだけでも、ぼくにとって嬉しい出来事です。

こんな素晴らしいコンテンツを発見して触れることができるのは嬉しいです。

精神疾患でも諦めなければ成功の道はある。

そういう思いにさせてくれます。