育児

育児は重労働だが世間認知が乏しい現実について

ikuji_noiroze

育児を1人でやらざるを得ない環境になって、改めて「育児は重労働」ということを痛感しました。

これほどまで重労働なのに社会では核家族化が進んでいます。

夫婦だけで育児をしないといけない環境が一般的になっているなら、そりゃ子どもを産んで育てようなんて一般の人は思わないですよ、マジで。

しかも、結婚して1/3が離婚する現代社会では、シングルファザーやシングルマザーの家庭も多いです。

1人で2人以上の子どもを育てるなんて、今のぼくからしたら考えられません。

大変すぎる上に相談できる相手もいなければ、子ども虐待に繋がってしまうのも、育児経験者としては納得できる部分があります。

以下は12月に受けた子ども虐待講演会で得た気付きをまとめた記事です。

子ども虐待防止講演会で得たこと

ぼくは今患っている精神疾患を治します。

そしてお金を稼いで、経済的に安心して家庭生活を送れるようにします。

そうしたら、育児の社会的認知を向上させる活動をされている方に支援します。

そのため、ブログSEOや投資、ネットビジネス等の権利収入獲得のため勉強を続けます。