精神疾患

精神疾患になってよかったこと

174-free-peoples



ぼくは10月末に医師から「不安障害・自律神経失調症」と呼ばれる精神疾患を患っていると診断されました。

生涯2度目の精神疾患です。

精神疾患になった原因は、以下のブログを読んでください。

不安障害になった理由

身体症状としては、嫌いな環境下にいると一般の人より思考能力が低下したり、気絶しそうになります。

嫌いな環境下に行く状況になった際、嘔吐したりします。

抗うつ薬と睡眠薬を服用しており、薬を飲み忘れたら上記症状が再発するのではと不安になります。

そういったツラい面は、確かにあります。

でも埋め込みツイートのとおり、精神疾患になるということはポジティブな面があります。

医師の診断結果を理由に、嫌いな環境へ行かないことに対して周りからの理解が得られます。

また今の環境が自分に合わないことを痛感でき、環境を変える大切さを実感できます。

精神疾患になったのをきっかけとし、自分のネガティブマインドに向き合えます。

その結果、環境を変える行動を起こす動機付けとなります。

そういった貴重な気付きを与えてくれるものです。

精神疾患持ちでこの記事を読んでくださった方は、ぜひ今をよい機会だと捉え、環境を変えるため行動してみてください。