育児

子の“なぜ”に応える理由

kodomo_kyoushitsu_eigo

ぼくは娘が「なぜ」という質問に全力で応えます。

娘が知りたいと考え、発信することを大事にしています。

その目的は、娘が将来、幸せになってほしいからです。

ぼくは、「幸せ」というのは

自分がやりたいことを理解し、行動することで手に入れれるもの

だと考えています。

そのためには、世間の常識に疑問を持ち、自分がやりたいことに向き合える力が必要です。

それが、ものごとに対して “なぜ” を感じることで鍛えれます。

正直、子どものなぜに真摯に向き合うのはとても大変です。

ぼくは埋め込んだツイートのやり取りで、頭がパンクしそうになりました。

頭をフル活用し、自分に真摯に向き合わないと、対応できません。

それでも、ぼくは全力で娘の “なぜ”に応えます。

まずはぼくが、自分のやりたいことに向き合う姿を娘に示します。

娘が幸せになるために、全力で娘をサポートします。