小ネタ

血液とお金が似ている理由

血液とお金


血液とお金は似ています。

このことはぼくが何年も前からずっと感じていたことです。

お金を出費することは出血に似てて、お金を得ることは献血に似ています。

なぜ感じていたか確かな理由はわかりません。

  • 自分の血を得るためになぜ残業してまで働いているんだろう?
  • 出血に感覚が似ているから、お金を使いたくないのかな?
  • お金の巡りが悪い人は、血の巡りも悪そうだな?
そう考えていました。

人間の身体は緻密に構成されています。

血液は各臓器を活発にするのに必要な栄養分を運びます。

社会の構造も今や複雑になっています。

お金も持つべき人のところに行かず、社会に新たな価値をもたらさない人のところに集まってます。

社会に価値をもたらす人にお金が巡るように、ぼくはお金持ちになりたいです。

そういう人たちに支援し、バランスの取れた社会を築くのに貢献します。