育児

子の甘えに応えるとよいこと

shopping_supermarket_family_father

ぼくは2人の娘の父で、育児をしています。

3歳の娘は、ぼくや妻に理解が困難な質問や態度をとります。

  • 突然、「寂しい」と泣き出す
  • 人形やぬいぐるみを寝かせ、家中のタオルを出してシーツとしてかける
  • シールを家中に貼る
  • 11月の寒い中、半袖のワンピースを着たいと言ってきかない
  • 棒を振りかざして、「きらきらきらりん」といいながら、魔法をかけてくる
挙げだすときりがないです。

でも、ぼくは不安障害持ちで考えるのは苦しいですが、娘の行動はすべて応えます。

娘の行動に、「なぜ」や「どうして」と問いかけることを怠りません。

ただし昔はしていましたが、今は無条件でものを買い与えたりはしません。

  • なぜ、欲しいの?

と問いかけて、ぼくが納得したら買い与えるようにします。

ぼく自身が娘の好奇心を知り、かつ娘の好奇心を育てるためです。

好奇心を満たされた子は自信を持ち、他の人には見えないことが見えるようになります。

そして、社会に価値を産み出せる人財になると確信しています。

今日も不安障害を患いながら、自分を信じて子育てに臨みます。

追伸

ぼくは生涯2度のうつを経験しましたが、
マインドを学んだおかげで、
今はほぼ完治しています。

マインドを学ぶ前は自己否定が激しく、
人の目がまともに見れない状態でした。

そんなぼくでも、成功者に出会って、
すこしの間だけマインドの勉強を
真剣に取り組んだところ、
気がつけば見える世界が変わってました。

マインドを学ぶ過程で、

・ものごとの本質の捉え方
・人の心を動かす方法
・目標達成のコツ
・人間関係のより上手い築き方

など、これまでの人生では学べなかったことを
沢山知ることができました。

結果的に毎日が楽しくなりました。

その経験から、
今がどんなに絶望的な状況でも、
生きてさえいて、意志さえあれば、
人生はどこからでも逆転することが
できると確信しています。

そして、そういう人が一人でも
増えれば、 一人一人に活気が溢れ、
世の中の価値やサービスは進化し、
社会全体もこの国ももっと明るく
豊かになると本気で思っています。

「地球上の人々がみんな前向きなマインドをもってもらう」
ことがぼくの行動理念です。

心や資産の見方を変えて、
自分の人生を思い通りに生きられる人を
一人でも多く増やすべく発信しています。

また、メルマガでは、
より具体的な思考法、最新の知識、事例、
情報などブログでは話しにくいことも
お話ししています。

興味のある方は、
ぜひメルマガも登録してみてください。

読むだけで「マインドが前向きになる」ようすけの公式メールマガジン

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。