小ネタ

製品開発で大事なこと

ぼくは、社会人になってから、ずっとエンジニアとして働いています。

エンジニアとして働くことに、喜びと誇りを持っています。

エンジニアとして製品開発をする上で、以下の2点どちらかを満たす製品を世に生み出すべく、日々模索しています。

  • その製品を自分が使いたいか
  • その製品は世の中に価値を生み出すと、自分が信じられるか

その製品を自分が使いたいか

今、ぼくはメーカーで製品の研究・開発を担当しています。

研究テーマを数点持っています。

ただ、そのテーマのうち1つが、どう考えても世の中のユーザーが求めている製品になると思えません。

周りからは、こういわれています。

とりあえず、作って出してみたら売れるかもしれない。

でも、自分が使いたいと思えなく、ユーザーが求めているとも思えない開発しろと言われても、開発意欲が湧きません。

要は、ぼくがその製品開発に熱狂できないのです。

やはり、自分が使いたい製品を開発すべきです。

その製品は世の中に価値を生み出すと、自分が信じられるか

ぼくは、ドローンが今後、世の中に価値を生み出すと信じています。
以下のとおり、ブログでも紹介しています。

空の機械の未来を考える

ドローンの未来を探る

世の中に価値を生み出す製品開発ができるのは、エンジニアとしてワクワクします。
それこそ、熱狂します。

終わりに

エンジニアとして、ワクワクする製品開発をしていきます。

ぼくは焦らず、でも必ず東京を脱出し、楽しく製品開発ができる環境を手に入れます。