生き方

ぼくは勝ち組ではない

4年ほど前ですが、地元の腐れ縁で都心で働いている友達と会い、一緒に飲んだときの話です。
そのとき、以下の話題になりました。

オレたちって勝ち組だよな。

年収もそこそこ高い。
都会でそこそこのところに住めてる。
都心で車を持ててる。

正直、ぼくはまったく共感できませんでした。
ぼく自身、当時は自分の置かれた環境に納得してなかったからです。

傍からみたら恵まれているように見える環境でも、自分が望んでいない環境下にいると幸福感を感じるのは難しいです。

ぼくは年収は650万円程度でした。
ぼくは当時、家賃7万円で自己負担額2万4千円の家に住んでいました。
駐車場代1万2千円を払いつつ、自家用車を持っていました。

でも当時は軽症うつを患った影響で、抗うつ薬を飲んでいました。
パワハラ・恐喝の果てに

仕事でも、当時は部品の修理開発を担当していました。
でも、自分の納得のいく修理手順は、他部署や海外のプライムメーカーに却下されてました。

幸福感を感じれるような環境ではありませんでした。

幸福感を感じやすくなるためには、今いる環境を変えるしかありません。

ぼくは今日も、環境を変えるため発信を続けます。