精神疾患

パワハラ・恐喝の果てに

joushi_buka_men2_okoru

職場でパワハラを受けている方に、このブログを読んでいただけたら幸いです。

今から6年前、大企業在籍時にぼくは上司からパワハラ、先輩社員から恐喝を受けました。

パワハラ

上司からは、次のことを言われました。

  • お前のいいところがオレには分からない
  • 2ヶ月かけて、何も仕事できてないな、お前は

他にも次のようなエピソードがあります。

  • 出張レポートを作成し、上司に提出したところ、机の上に山積みになった資料の上に置かれた。

    その後、提出レポートが紛失。

    上司からレポートはどこだと問い詰められ、机の上に置いたと答えたところ、「いい加減なこというな」と叱責を受けた。

  • 冬に、実験機の現物調査のため、極寒の工場にて夜8時まで現地で立ち合ったが、成果を出せず。

    上司は事務所に戻ったぼくを見て、失望感露わに鼻で笑っただけで、他に掛けられた言葉は無し。


ぼくは見事に「軽症うつ」になりました。

精神科医にかかるようになり、主治医からドグマチール、パキシルを処方いただきました。

この上司の下、かつ軽症うつを患ったぼくは、当然仕事のパフォーマンスは低いです。

その結果、仕事でミスを犯し、関係部署へ迷惑を掛けました。

恐喝

そのミスに対し、関係部署にいた先輩社員から恐喝に遭いました。

具体的には次のとおりです。

  • 椅子を蹴られる

  • 松葉杖で机を思い切り叩かれる(当時、先輩社員は足を骨折してました)

  • 「お前、会社辞めろ!その前に、お前を殴らせろ!」と大声で言われる

この日から、ぼくは寝ようとしても上記のシーンがフラッシュバックして、眠れなくなり、2日会社を休みました。

精神科医の主治医から、追加で睡眠薬のリーゼを処方いただきました。

その後、会社を出社しましたが、出社したぼくを見て、先輩社員はこう言いました。

性懲りもなく、まだ出社してきやがって。早く会社辞めろ!

ただ、こんな環境でもぼくには会社を辞められない理由がありました。

今の妻と婚約していたのです。

ここで会社を辞めたら、婚約が破談になる恐怖があり、劣悪な環境を耐え過ごしました。

会社を休んでいた2日間、ぼくは会社のホットラインを使って、恐喝について内部告発しました。

数日後に先輩社員は呼び出され注意されたようです。

その後、しばらくはすれ違う度に「役に立たねえ奴」とか小言を言われるだけで、公に被害を被ることは無くなりました。

社内の内部告発を担当している部署の方と面談がありましたが、次のことを言われただけで終わりました。

これは部内で解決する問題だから、まずは部長に言いなさい

それを受け、部長面談があったのを機会に、先輩社員から恐喝を受けたことを話しました。

その返答は次のとおりです。

そんなわけない、君が過剰に気にしているだけだろ

その後、ぼくは成果が出せないということで、当時に所属していた部署を追い出されました。

先輩社員は、その後も同じ部署で活躍していました。

先輩社員は頭が良く仕事ができたので、公にぼくを攻撃しても、内部告発を受けても、会社に重宝されたのでしょう。

アドバイス

もし、同じ境遇の人がたまたま、ぼくのブログを見てくださったら、アドバイスがあります。

我慢せず、誰かに相談してください。

今はSNSを使えば、同じく辛い経験をしている人は見つけられます。

そして、環境を変えてください。

ぼくは戦力外通告を受け、結果、クレーム処理担当の部署に配属になりましたが、そこの部長が人格者で、本当に助けていただきました。

自分に自信を無くし、クレーム処理というぼくにとって面白くなく辛い仕事でしたが、部長と心暖かいチーム員のおかげで、その部署で3年半勤めることができました。

今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

チーム員とは、今でもたまに会いに行ってます。

また部署異動だけでなく、会社を辞めることも選択できます。

SNSで組織を抜け、独立したという方は本当に大勢います。

ぼくも東京脱出を志す上で、とても励みになってます。

1人でも、ぼくのブログが参考になれば幸いです。